引っ越しのタイミングに不用品を丸ごと処分

この記事をシェアする

不用品のリサイクル可、不可を見極める

自分が愛用していたものが不用品として、処分される際、できる限りリサイクルされるものであれば、エコ意識と社会に役立っているという満足感を得られるものです。
そういう気持ちで、不用品を整理すれば、リサイクル品の取り扱い量、品目の多い業者を選ぶようになり、おまけに、少しでも換金できれば、すべてに満足できるでしょう。
リサイクルできそうなものと、できそうもないものとを選別するのは、素人には難しいかもしれません。
やはりプロのリサイクル業者に依頼することになりますが、自治体などの資源回収も利用価値があり、東京港区のように、できる限り再販しようと努力している自治体もありますので、問い合わせてみてもよいでしょう。

不用品の数、品目が多い場合の一括処分も

いざ、不用品の処分に取り掛かると、思ったよりも大変なことを実感させられるものです。
本や洋服、食器、さらに家電製品や家具など、家ごと、不用品を処理しようとすると、1日ではできない、簡単な作業ではないことに気付かされます。
そんな大変な作業を一括して、請け負ってくれる業者がいて、トラック丸ごと回収してくれます。
業者にもよりますが、軽トラックから1トン~2トントラック程度まで、不用品の量に応じて対応しています。
日用品から家具、家電など、ほぼ家にある不用品を回収してくれて、料金も軽トラックで7,000円前後から選べます。
リサイクル品があれば、買い取ってもらえて、回収料金に回せば、相殺できたり、少しの換金になる可能性もあります。