個人でも簡単なネット売買が人気

この記事をシェアする

メーカー保証期間を過ぎると、価値ゼロ?

メーカーの保証期間のある家電製品は製品によって、異なりますが、5年程度が過ぎると、市場価値が大幅に低下します。
買取業者は、型番、年式によって、その製品の市場価値、相場を判断しますが、一般的に、5年間のメーカー保証が過ぎた製品の相場は下がり、業者によって、買いたたく理由にします。
特に、長年、愛用した製品で、まだ、十分に使えると思っていても、家電製品(ビンテージ価値があるもの以外)では、市場価値がなくなり、買取相場もつかなくなることが多いので、注意が必要です。
パソコンも同様に、メーカー保証とOS(ウィンドウズ)の保証機関などが大きく関わり、家電以上に、スマホ全盛時代で、パソコンの値崩れが買取価格にも影響します。

買取業者を見定める情報が必要

今や、ネット社会で、数多くの買取業者がWebサイトを立ち上げています。
例えば、東京港区で検索すると、20~30件は簡単にピックアップできます。
しかし、問題は、どの業者なら安心なのか、ランキングなどをみてもにわかに信用できないのがネット情報でしょう。
そこで調べて安心な自治体の公式ページに掲載されている業者一覧を参考にするとよいでしょう。
そこには業者と消費者の間で起きた「事例」がまとめられており、不当に高額な費用請求する業者などへの注意喚起と共に掲載されています。
こうした被害を避けるのであれば「必ず認可を受けた業者を選ぶ」、「事前に相見積もりをして業者を見極める」といった工夫が大切です。
少しでも多くの情報収集に努めましょう。