「もったいない」は、倹約を尊んだ日本人の原点

この記事をシェアする

消費がもたらした不用品、ごみ問題

日本には昔からものを大切にするという精神が当たり前のように教えられてきました
消費により経済が活性化すると分かると、かつてのバブルのように消費に偏った動きが一般化してしまったのです。
不用品を処分するとき、「もったいない」の言葉を意識しながら、Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)という環境活動の3Rに想いを馳せたいですね。
当たり前のようにものが手に入る世の中になりましたが、だからこそ「もったいない」「まだ使える」の気持ちを心がけるべきではないでしょうか。
捨てられなくて困っている人には特に「残す」「捨てる」の決断が求められます。
日本古来からの「もったいない」の精神を触れて、今一度ゴミの問題に取り組んでは見ませんか?

生産・消費から再生・再利用へ

経済大国となった日本には未だ多くの伝統が残っています。
毎年日本へ訪れる外国人旅行者はこうした日本の魅力を良く知っており、術物を通してその素晴らしさを再認識するのだとか。
「簡素で倹約に努める」こうしたライフスタイルは未だ日本に根強く残っており、古来より日本が資源を大切に再利用してでも使い続けるといった精神を教えてくれるのです。
ところが生産から消費というサイクルが思うようにいかなくなり、市場に物が溢れて、収拾がつかなくなって、初めて再生・再利用というリサイクルの価値が評価されました。
これから、自分の身の回りに、どんな不用品があって、どうすればリサイクルに回せるのか、事前に情報を確認すれば、再資源化にも役立ちます。
賢くリサイクルショップを活用して、社会の役にも立ちながら、これまで以上に豊かな生活スタイルを手に入れましょう。